トップ > 教育内容 > 学習

教育内容 Curriculum

学習

集中勉強会

・生徒の学習意欲向上及び促進の取り組みとして集中勉強会を実施しています。学習習慣、学習方法の基礎・基本を身につけることを目的とします。定期考査に向け、自ら学ぶ姿勢を育みます。事前申込で集中して前向きに取り組む意欲のある希望生徒が参加します。適宜、本校教員、大学生が学習をサポートし、質問に応じます。

2019年度

2月15日 第5回 集中勉強会を行いました。

 勉強に集中する時間、休憩の時間とめりはりをつけて取り組みました。真面目な姿勢がこれからへ向けての学習習慣の構築、そして定期考査での好結果をもたらすでしょう。

    

 

・11月30日 第4回 集中勉強会を行いました。

 長かった2学期後半の学習をおさらいする定期考査に向けた勉強です。学習量の多さにあわせてより集中し、対策にも気合が入ります。

      

 

10月5日 第3回 集中勉強会を行いました。

   年間を通し定期考査前に実施しています。定期考査に向けた自学・自習を基本としています。本校教員や大学生による学習補助も行っています。

 これまでに参加した生徒たちの感想をいくつか掲載いたします。

◇家でやるよりも勉強に集中できて、普段以上に勉強する時間が作れてよかった。

◇テスト直前なので、苦手なところがわかるようになって良かった。

         

 

検定

・本校で実施している各種検定に生徒たちが挑戦している様子です。

2019年度

10月6日(日)第2回英語検定を校内で実施しました。

勉強の成果が表れ、目指した各級取得へつながっていくことでしょう。

・1月31日 第2回漢字検定を校内で実施しました。

テキストで学習し、さらに模擬試験で、力試しをして、合格に向けて取り組んできました。いい結果が期待されます。

     

 

授業風景

各科目の授業の様子です。あわせて、「教育内容」→「教育課程」をご覧下さい。

3年 現代文の授業です。漢字テストを受け、「語句の意味調べ」課題を提出しました。

静かな教室で、落ち着いた雰囲気で朗読する生徒たちの声が響き、生徒たちは教科書に目を通しながら、集中して聞いていました。

     

 

3年 家庭応用の和風献立調理実習の様子です。

それぞれタイトルをつけて実習後のレポートを書きました。いくつか紹介します。

「コーンがポップコーン」「迷わないで」「おいしいご飯」「調理実習で感じた楽しさ」

「協力できた調理実習」などでした。レポートの内容を紹介します。

・みそ汁をだしからとってつくるのが久しぶりだったのでよりおいしく感じました。

・色とりどりで栄養バランスがとれたおかずは、どれもとてもおいしかったです。

・班の皆が「ありがとう」と言ってくれてとてもいい気分になりました。

・自分から進んでできることをやっていこうと思いました。

・みんなで一緒にすることはいいことだ。挑戦してよかった。などでした。

 きっと皆の糧になっていることと思います。

2年 家庭基礎 「調理実習 洋風献立」の1つにプリンを作りました。実習後の生徒たちのレポートの一部抜粋です。

・一人や二人では、洗い物のこともあるので、きっと常にあわてていたと思います。しかし、複数でやることで自分の作業をする時間が少なくなり、落ちついて行動することができました。みんなで協力したからおいしくできたと思います。

・「皿とって」とか「これ持っといて」と周りと協力し、助け合って作っていきました。オーブンから出し、プリンを見ると、めっちゃ良い感じの見た目で、思った以上に美味しかった。その後、プリンの成分を見てみると、コレステロールが高いとわかりました。

・一つ一つの作業に注意しないといけないところがあって難しかった。みんなで作ると楽しく感じました。みんなで食べたときはとてもおいしかった。片づけもみんなで協力してすることで早く終わることができてよかったです。

・それぞれが役割分担してしっかり協力することができ、気づいた人が動くことを自然にできていたのは、とても良かったと思います。

・卵に泡が立たないように気をつけ丁寧に混ぜ、とてもきれいな本体ができました。

・今回の実習では、どの仕事も、皆で協力して、はじめての共同作業をしました。より仲が深まったと思うし、これからも共同作業を大切にしていきたいです。

・みんなで協力して作ったプリンが意外とおいしくて、思っていたより何倍も楽しい調理実習でした。

  

 

2年 家庭基礎の授業での近隣の「大塚わくわく園」交流訪問の様子と生徒が書いたレポートです。詳しくは「こちら」をご覧下さい。

 

 

教育内容

校長だより

各種申請届出用紙

学校説明会

奨学金

PTA

同窓会

大冠について

オーストラリア国際交流研修

教職員への連絡