トップ > 校長だより

 

校長だより Diary

校長だより

2020年5月29日(金)

 

今日は2年生が登校しました。

とても良い天気で、気温も上がりました。

今月、13日(水)からスタートしました、3週間にわたる登校日も無事終了しました。

 

この間、感染予防に協力いただいた先生方、生徒の皆さん、保護者の皆様に感謝いたします。

週明けから、月が変わり6月、いよいよ授業再開です。

 

予定している2週間の分散、短縮期間も、一人ひとりの適切な行動で安全な環境づくりを行っていきましょう。

この週末は、授業が始まる不安と、クラスの人数が少し増える楽しみなど、ドキドキとワクワクですね。

私もまた、一歩前進できる、ワクワクした気持ちです。

 

これまでの週1、2回の登校から、時間は短いですが、毎日の登校となります。これから、梅雨の時期を迎え、体調管理にもより注意が必要なときとなります。

毎日の生活リズムを整え、新たな環境での緊張感などと、うまく付き合いながら、15日(月)からの通常授業の再開に向け、さらに、自分のペースを整えていってください。

 

6月が皆さんとって、良い月となりますように!

 

 

 

2020年5月28日(木)

 

今日は1年生の登校日でした。

HRをのぞくと、まだまだ、緊張している様子が伺えました。

来週から授業が始まるものの、最初の2週間は分散で短縮となるため、クラス全員が揃うまで、もう少し時間がかかります。早くクラスのみんなに会いたいだろうなと思いました。

 

今日の登校日では、体操服などの配付も行われていました。気持ちあらたに、いよいよ始まるんだなと感じた生徒も多かったのではと思います。

 

昨日、HPでもお知らせしましたとおり、6月1日からは、午前、午後の分散登校となります。

午前は時間、午後は2時間と授業時間に差がありますが、週単位で登校時間がグループごとに入れ替わります。時間等の確認をお願いいたします。

 

さて、昨日に引き続き面談を実施し、今日も数名の先生方とお話しました。先生方一人ひとりの生徒への思いを聞くことができ、とても有意義な時間となりました。

 

生徒の自己肯定感をいかに高めるか。

 

授業や学校行事、HR、部活動などで、成功体験を積み上げていくこと、自信を持つこと。そしてその培った力を持って進路実現を果たすことを全教職員で支援していけたらと感じました。

 

 

 

2020年5月27日(水)

 

先生方が登校してくる生徒たちの対応に加え、6月1日からの授業再開に向けて、準備をしています。

本日は、教科会議を開催し、授業において、感染予防の観点で共通認識を持たなければいけないことについて、情報共有を行いました。

 

教科ごとに、生徒同士が近距離で活動する可能性のある教材や共同で取り扱うものの確認など、その実施について、しっかりと安全面が確保できるよう確認をしています。

また、今後、臨時休業措置期間が生じたときのためのオンライン授業の実施に向けても、各教科で、試験的に教材を作成するなど、取組みを進めています。

 

「ピンチはチャンス」という言葉がありますが、新型コロナウイルス感染症の対策で、臨時休業措置という厳しい状況が続くなか、この逆境を絶好の機会ととらえ、先生方が、あらためて、安全な教育活動の実践のために必要なことやあらたなスキルの獲得などに取り組み、お互いの意見交換や共通理解を持つことに繋がっていると前向きに捉えることも多いと感じました。

 

本日も奨学金の手続き関係で、3年生が登校しました。学校に生徒がいる、当たり前の風景が戻りつつあります。

 

生徒の皆さんも、6月1日からの授業再開に向け、体調管理とともに、新たな目標を設定するなど、こころの整理と準備も行っておいてください。

 

 

 

2020年5月26日(火)

 

夕方から雨が降り出しました。

本日は、3年生の登校日でしたが、生徒が下校するまでは、何とか降り出さずに済んだのでは思います。

生徒たちは登校を重ねるごとに、元気が出ているようです。

感染予防の観点から、あまり大きな声は、望ましくないのですが、久しぶりに友人に会うとついつい…

引き続き、マスク着用、人との距離、手洗いをしっかりと実行しましょう。

 

さて、先週は、担任の先生方と生徒の皆さんが個人面談を行いましたが、本日から、私と先生方一人ひとりが面談し、生徒の様子など学校の現状や、今年度の取組みなどについて、情報共有を始めました。

 

面談は、学校全体の目標をふまえ、先生方がそれぞれの役割のなかで、効果的な教育活動を行うことができるよう相互理解を深めていくことを目的に実施していきます。

 

初日の今日、印象に残ったことは、お話しました、ほぼ、全員の先生方が、本校の生徒は、素直で人懐っこく、さらに、「伸びしろ」があると話されたことです。先生方は、生徒の皆さんに内在する可能性を感じているようです。その力が少しでも引き出されるよう、生徒の皆さんも自分を信じ、先生を信頼し、頑張ってほしいなと思いました。

 

 

 

2020年5月25日(月)

 

新しい週のスタートです。

今週も、学年ごとに登校日を設定し、6月1日からの分散、短縮授業スタートに向けて準備を進めてまいります。

府教育庁より、府立学校では、最終学年(3年生)は、今週から授業をスタートすることができる旨、通知がありましたが、本校では、奨学金関係書類の提出や各学年の登校日など、あらかじめ、予定したスケジュールで進めてまいります。

授業は、3学年とも、6月1日(月)からスタートする予定です。

 

さて、本日、北海道及び首都圏の緊急事態宣言が解除される方向で、全国において、「新しい生活様式」に基づいた社会活動が求められるようになります。

先週末に発表されました、文部科学省のマニュアルでも、学校においても、「3つの密」を避け、「マスクの着用」や「手洗いなどの手指衛生」など基本的な感染対策を継続し、感染及び拡大のリスクを可能な限り低減しつつ、教育活動を継続し、子どもの健やかな学びを保障していくことが必要だとしています。

 

この週末は、外出する人も増え、今後、あらためて、本感染症に対する正しい理解と、感染のリスクを自ら判断し、避ける行動をとることが、一人ひとりに求められていきます。

これまで、何度も書いてきましたが、大切なのは、一人ひとりの適切な行動です。

 

ここ数日、気温や湿度の高い日も増えてきています。

熱中症予防も含め、体調管理をしっかり行い、6月1日に向けて、生活リズムを整え、良い準備をしていきましょう。

 

 

 

2020年5月22日(金)

 

個人面談も最終日となりました。

本日も各HRで、担任の先生方と生徒たちが、臨時休業期間中の過ごし方や授業再開に向けて、また3年生については進路に係る話などが行われていたことと思います。

 

登校日を設定し、あっという間に、10日間が経ちました。感染対策を行うなかでの実施となりましたが、現在まで、順調に進んでいることに感謝いたします。

 

来週の登校日を経て、6月1日からの教育活動が順調にスタートできるよう、引き続き、学校といたしましても、しっかりと準備を進めてまいります。

 

さて、緊急事態宣言が解除され、最初の週末となります。府内の施設などに対する休業要請も段階的に解除されるようです。この土日は、徐々に外出する人も増えてくるものと考えられます。

 

新規感染者数が減少しており、収束に向かっている状況だと思いますが、生徒のみなさんも、引き続き、日ごろから外出するときは、感染予防に適切な行動がとれるよう気をつけてください。

 

6月1日からは、これまでの分散登校よりも、同じ時間帯に多くの生徒が登下校し、学校生活を送るなど、3密がおきる機会が増えると予想されます。

 

来週も、これまでの登校日同様、一人ひとりが気をつけて、6月1日の授業再開に向かっていきましょう。

 

 

 

2020年5月21日(木)

 

昨日に続き、3学年ともに、個人面談を行いました。

昨日も書きましたが、廊下ですれ違うときにあいさつをすると、生徒たちは、本当に気持ちの良いあいさつを返してくれます。これから始まる学校生活のなかでも、大切にしていきたい習慣ですね。

 

そして、各教室で、担任の先生方と懇談している様子も、とても良い雰囲気に感じました。

休業期間が長く続いていることもあり、先生方も生徒との時間を大切にしているようにも感じました。

 

本日、国の緊急事態宣言が解除される方向で、報道では吉村知事が府立学校は6月1日から授業再開し、15日から通常授業を行いたいという考えが伝えられています。

生徒のみなさんや保護者の皆様には、府教育庁から正式な連絡が届いたあと、早急に今後のスケジュールをお示しいたしますので、もうしばらくお待ちください。

 

さて、これまで、高校生部活動の成果発表の場である府大会、近畿大会、全国大会、イベントなどの中止が相次ぐなか、昨日は、夏の全国高校野球選手権大会の中止が発表されました。

高校生の教育に関わる者として、日ごろの成果を発表する場が失われていくことは、とても残念に思います。

 

目標に向かって精一杯の準備をし、その力を試す発表の場を経験することは、成長の過程のなかで、かけがえのないものです。部活動に限らず、生徒たちには高校生活のなかで、そんな経験をたくさんしてほしいと思いました。

 

 

 

2020年5月20日(水)

 

昨日までのむしむしも無くなり、爽やかな1日となりました。

本日から、各学年とも、個人面談がスタートしました。

授業開始が遅れ、また、自粛生活が続くなど、多くのストレスを抱えた生徒も多いのではと考えます。

一人ひとりに確保できる時間は十分とは言えないかもしれませんが、少しでも不安の解消や担任の先生方との相互理解につながる良い機会となることを願っています。

 

先週水曜日から、本校の生徒たちと、あいさつを交わす程度ですが関わりをもって、とても自然に素直な表情で、あいさつを返してくれる生徒が多いと感じています。とても気持ちが良いものです。

 

今日からは、分散ではありますが、3学年とも登校しており、授業再開に向けて、また少し前に進めたように感じました。

 

登校後、しっかりと手洗いをしている生徒の様子も見ることができ、先週から先生方が声かけしていることや生徒の皆さんがしっかりと自覚していることなど、頼もしく感じました。

 

分散登校から少しずつ、通常の授業再開に向かっていくにあたり、一人ひとりが責任ある行動をとることは、学校という集団生活の安全を守るうえで、とても大切なことです。

 

これからも実践していきましょう。

 

 

 

2020年5月19日(火)

 

朝方まで続いた雨はあがりましたが、むしむしとする1日です。

学校では、昨日に続き、3年生を中心に奨学金の説明会を行っています。

生徒は、先週に続いての登校となり、前回よりもリラックスしているように感じました。

 

さて、大阪府を含む8都道府県で継続しています緊急事態宣言、明後日の21日(木)に、解除できるかどうか国が判断するとのことです。8都道府県により状況は異なりますが、そのなかでも、近畿3府県(大阪・京都・兵庫)の状況は、より改善傾向にあり、解除の可能性もあると報道されています。

 

本校では、現在、5月末日までの臨時休業措置を踏まえ、他の府立学校と同じく、週1~2回の登校日を今週、来週と実施予定ですが、21日に、もし解除となり、その後の府の方針によっては、府教育庁から、あらたな通知がくることもあるかと考えています。

 

また、生徒のみなさん、保護者の皆様に、6月からの予定について、1日も早くお伝えできればと思いますが、詳細については、早くても、来週以降のHPや登校日でとなる可能性が高いと考えています。

先の予定が決まらず不安な気持ちがあることと思いますが、もうしばらくお待ちください。

 

感染予防に係る行動を、自分だけでなく、周りの人のためにも、自然にとることができるよう、この登校日の期間は、より意識して行動することを心がけてください。

 

 

 

2020年5月18日(月)

 

新しい週が始まりました。

5月も後半に入りました。先週、各学年、1日ずつ実施しました登校日は、生徒の皆さん、一人ひとりの感染予防への取組みもあり、大きなトラブルもなく、進めることができました。

 

今週も、本日から3年生を中心に奨学金の説明会を行い、週の後半には、個人面談を実施する予定です。

生徒の皆さん、引き続き、感染予防に係る適切な行動をお願いします。

 

昨日は、大阪府における新規感染者が約2か月ぶりに0名となりました。また、全国的にも新規感染者数は減少傾向が続いています。そのせいか、今週末は、全国各地で外出する人の数が増えているとの報道もありました。事態が改善に向かっていることは間違いありませんが、一人ひとりが、自粛など適切な行動をとっている成果であることを踏まえ、続けていくことが大切ですね。

 

さて、今回の臨時休業措置で、課題となりました生徒の学習支援、本校において、今回は、プリントを中心とした課題を郵送する、または、配付することで対応しましたが、今後、ICT等を活用し、生徒の皆さんと双方向でつながるシステムの構築が急務であると認識しています。

今後、準備を進めてまいりたいと考えておりますので、ご家庭におかれましても、ご理解とご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

それでは、今週も頑張っていきましょう。

 

 

 

2020年5月15日(金)

 

本日は2年生の登校日でした。

これで、全学年で登校日を実施することができました。

 

心配していた天気も登校時間帯は雨がふることもなく良かったです。

 

1、3年生同様に、本日も、ほぼ、全員の生徒がマスクを着用し、登校しました。

昨日も、一昨日も感じたことですが、生徒の元気そうな顔を見ることができ、よかったです。

 

国の緊急事態宣言は継続しているものの、大阪モデルにおける基準値が7日間クリアし、この週末から、段階的に自粛要請の解除がなされるとのことです。自粛ムードが緩み、感染が再拡大するのではないかという懸念もありますが、感染予防対策については、今までと変わらず、緩めることなく、一人ひとりができることをしっかりと行っていくことが大切であると考えます。

 

生徒のみなさん、保護者の皆様、来週以降の登校日においても、登校前の検温、マスクの着用、手洗いの励行、人との距離を保つなど、感染予防に係る適切な行動がとれるよう協力をお願いいたします。

 

この3日間、生徒の皆さんに会えることができ、たくさんの元気をもらうことができました。

学校生活を送るうえでの安全面の確保や、学習保障の課題など、まだまだ不安な面が多いことと思いますが、これからもよろしくお願いいたします。

 

 

 

2020年5月14日(木)

 

昨日の3年生に続き、本日は年生が登校しました。

昨日同様、密を避けるため、各クラス1/3ずつの分散登校です。

 

本日も、ほぼ、全員の生徒がマスクを着用し、登校しました。ここ数日、気温が高めということもあり、マスクの着用も暑さが気になるようになってきました。

 

また、登校前の検温をお願いしていますが、忘れていたために学校で検温した生徒の人数が、昨日の3年生より、少し増えました。登校前の検温も、しっかり習慣付けてください。

 

さすがに年生ということで、少し、緊張した面持ちの生徒が多かったように感じました。

年生にとっても、待ちに待った登校日だったことと思います。

 

私も、直接、話したかったのですが、分散登校ということもあり、かなわず、プリントというかたちですが、新入生に贈るメッセージを準備しました。

 

本校のスクールモットー、“Find a way or Make one! 「見つけよう つくりだそう 明日への道」を紹介し、毎日のかけがえのない経験を自分の力に変え、試行錯誤しながら日々成長し、自分自身の将来のために、自らの手で明日への希望や目標を見つけ、その希望や目標に向かってしっかりと進んでください、と言葉を贈りました。

 

大冠高校での学校生活が新入生の皆さんにとって、かけがえのない充実したものとなることを期待しています。 

 

明日は年生の登校日、明日も楽しみです。

 

 

 

2020年5月13日(水)

 

3年生が登校しました。

密を避けるため、各クラス1/3ずつの人数ごとに分散登校でのスタートです。

 

HP等で事前連絡を行いましたが、すでに習慣化しているせいか、ほぼ、全員の生徒がマスクを着用し、登校しました。

登校前の検温も行ってきた生徒がほとんどで、生徒、一人ひとりが適切な行動をとることができていたように感じました。

 

感染予防対策を行いながら、久しぶりの登校でもあり、少し、緊張した面持ちの生徒や、元気な声であいさつしてくれる生徒などの表情を見ると、1日も早く、授業をはじめ、日常の学校生活が始まる日がくることを願います。

 

学校には、生徒たちの姿が必要だと、普段は当たり前のことを、あらためて感じました。

3年生は、進路に向けての時期でもあり、授業再開の見通しが、まだ具体的に見えない状況で、保護者の皆様とともに、不安な日が続いていることと思います。学校としましても、その不安が少しでも、和らぐよう、できる限り、情報提供などしていきたいと思います。

 

登校日を実施することができ、ほんの少しかもしれませんが、前に進めたことをうれしく思います。

 

明日は1年生の登校日、明日も生徒に会えるのが楽しみです。

 

 

 

2020年5月12日(火)

 

気温が高めの日が続いています。昨日は全国各地で真夏日を記録するなど、体調管理が難しい気候となっています。

昨日は、マスクの着用が、熱中症にかかるリスクを高めるとの報道がありました。

マスクとの関わりなど、感染予防と暑さ対策と、しばらく辛抱が必要となりそうです。

 

さて、本日、本校HPに、生徒の皆さんを応援するための動画第三弾、「応援ソング コラボ企画 第一弾」が掲載されました。各学年の主任や担任の先生方に混ざって、私も生徒の皆さんや保護者の皆様にメッセージを送りました。ぜひ、見てください。

 

あらためて、今回の感染拡大に伴い、日ごろ当たり前のようにできていたことが、突然、できなくなったり、感染への不安など、ストレスが多いのですが、一方で、何とも思わなかったことに感謝の気持ちを持つことができたり、自分を守るために考えて行動を選択することをしたり、プラスの気付きや経験もあったことと思います。

 

4月8日(水)から35日遅れて、ようやく生徒の皆さんと会うことができます。本当、楽しみです。

感染予防のため、マスクをつけたまま、大きな声でのあいさつはできませんが、校内で会う機会があれば、

笑顔であいさつを交わしたいですね。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

2020年5月11日(月)

 

週末の雨もあがり、晴れの週明けとなりました。

ここ数日、ムシムシと湿度の高い状態が続き、この季節がやってきたなという感じです。

 

生徒の皆さんは、13日(水)から始まる、それぞれの登校日、時間を確認しましたでしょうか。

特に、密が生じないよう、分散登校としていることから、時間を守っての登校をお願いします。

 

さて、大阪府内の公立小中学校の一部で、本日から分散登校が始まったという報道がありました。

子どもたちにとっても、久しぶりの学校でうれしかったことと思います。

その様子から、児童・生徒、保護者、学校、それぞれができる感染予防策をしっかりと行い、慎重にスタートしたと感じました。

 

本校においても、教職員の先生方が、生徒の皆さんの安全を確保するため、本日も校内に、啓発ポスターの掲示を行ったり、教室の机の配置を整えたり、準備を行っています。

 

生徒の皆さんも、毎日の検温と健康チェック、手洗いや人と距離を保つことなどを習慣化し、一人ひとりの心がけで学校をより安全な場所に変えていきましょう。

 

大阪府では、連日、「大阪モデル」の3つの指標について、基準に達していると報道され、国では、全国を対象とした緊急事態宣言の一部解除を検討する動きが出ているなど、少し、前向きになれるニュースも出てきました。

しかし、一方、世界では、一部解除に踏みきった国で、再拡大の傾向が出るなどの報道もあり、まだまだ、心配な状況があります。

 

引き続き、油断することなく、できる対策をしっかりと行っていきましょう。

 

 

 

2020年5月8日(金)

 

昨日、HPにて連絡いたしましたが、来週、13日(水)に年生、14日(木)に年生、15日(金)は年生と、学年ごとに登校日を設定しました。

いずれの日も、1教室あたりに参集する人数を15名程度以内とし、登下校時に混雑等で密集しないよう時間差を設けた分散登校を実施します。

 

登校日の目的は、生徒の健康観察を行うとともに、生活習慣や学習状況を把握し、再開後の教育活動を円滑に実施するためです。なお、登校日については、18日(月)以降も、週に1~2回程度、設定していく予定です。予定が決まり次第、HP等でご連絡します。

 

生徒の皆さんは、登校に際し、必ず登校前に検温を実施し、健康観察を十分に行ってください。一人ひとりがしっかりと感染予防対策を講じることで、ともに安全な環境をつくっていきましょう。

なお、感染に対する不安や風邪の症状が見られる場合などは、無理に登校する必要はありませんので、学校までご相談ください。

 

さて、4月中旬に「校長だより」でも紹介しました、「図書カード」(QRコード用紙 2,000円分)が、4月30日(木)に本校に届きました。また、同時期に布マスク1枚も届いています。GW期間があったため、配付までに少し時間がかかりましたが、生徒の皆さんには、来週の登校日にお渡しする予定です。

 

楽しみにしておいてください。

 

 

 

2020年5月7日(木)

 

GW期間が終了し、季節がまた少し前に進みましたが、新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言は引き続き、全国を対象に、5月31日(日)まで延長されました。

その翌日(5日)に、府から発表されました今後の対応については、生徒の皆さん、保護者の皆様も、学校の休業期間が延長されるのかなど、不安な気持ちで確認されたことと思います。

 

府からは、学校の臨時休業期間は、5月31日(日)まで延長されること、また、臨時休業が長期に及ぶことから、児童生徒等の心身の健康観察を行うとともに、生活習慣や学習状況を把握し、再開後の教育活動を円滑に実施するため、登校日を設定するよう指示がありました。

 

本校においても、来週の半ばから、マスクの着用や分散登校、また、1教室あたりに参集する人数を1015人程度とするなど、感染拡大防止のための措置を講じたうえで、学年ごとに登校日を設定し、学校再開に向けての取組みを進めていくため、現在、最終調整を行っているところです。

 

登校日の具体的な日時や、生徒の皆さん、保護者の皆様に、登校日の感染予防に関し、お願いすることなど、今後、メルマガ、HPを通じて連絡いたしますので、ご確認いただくよう、よろしくお願いいたします。

 

私も生徒の皆さんに会えることを楽しみにしています。

 

 

 

2020年5月1日(金)

 

週末にかけて、気温が高めとなるようです。今日の大阪は、夏日(最高気温が25度以上)になるかもしれないとの予報でした。4月が例年と比較し、平均気温が低かったこともあり、暑さに身体が慣れていないため体調管理に注意が必要です。

 

5月になりました。今日から関西夏のエコスタイル、温室効果ガス削減のための取組み、いわゆる、エコスタイル、ノーネクタイ、ノー上着などが始まりました。4月が涼しかったこともあってか、私も家を出る直前にふと気づき、今日もネクタイをしての出勤となりました。調べてみると、この取組みは、平成11年度から始まり、平成17年度に「クールビズ」の名称で全国に広がったとのことです。

 

昔は、衣替えと言えば、6月と10月でしたが、現在は5月と11月となっているところが多く、温暖化の影響がはっきりとでているようです

 

さて、明日から、本格的なGWのスタートですが、今年は、STAY HOME。

新型コロナウイルス感染症拡大を防ぐため、外出を自粛しましょう。

この間、全国の感染者数などが、より一層、改善に向かうことを祈ります。

 

昨日の報道では、4日(月)に緊急事態宣言の延長が発表される予定で、それを受けて、府の方針が固まるとのことでした。生徒の皆さんや保護者の皆様に、11日(月)以降の臨時休業期間や登校日が設定できるのかなどについて、お伝えするのが、7日(木)になる予定です。直前の連絡となりますが、よろしくお願いいたします。

 

明日からも気をつけて過ごしください。

 

 

 

2020年4月30日(木)

 

昨日からGWが始まりました。緊急事態宣言が発令中のなか、例年と異なり、閑散とした空港や駅の状況がニュース等で伝えられていました。また、どうも、緊急事態宣言が延長するような方向で動いているとの報道も流れています。

 

不要不急の外出ができない状況が続き、皆さんもストレスが溜まっていることと思います。この校長だよりで、これまでも何度かメッセージを送っていることですが、こんなときだからこそ、制限されていることや、できないことに意識を向けるのではなく、「できること」に目を向けていきましょう。そして、「できること」を少しずつ、増やしていければ良いと思います。

 

さて、本日で4月が終わります。ということで、私も大冠高校に赴任して1か月が過ぎようとしています。

残念ながら生徒とも会えず、日ごろの学校生活の様子も見ることができず、臨時休業措置の対応などに追われた1か月でした。本日も、職員会議などで、先生方と今後の学校運営について、情報共有を図っていますが、私自身も、この状況のなかで、「できること」はないか、という視点を大切に取り組んでいきたいと、あらためて感じています。

 

明日から新しい月、5月が始まります。

何か特別に変わることはないのですが、新しい月の始まりをひとつのきっかけとし、心機一転、何か「できそうな目標」を立ててみるのはどうでしょうか。

 

私も立ててみようと思います。

 

 

 

2020年4月28日(火)

 

今日も穏やかな天気です。朝、出勤中、あまりにも爽やかな気候で、緊急事態宣言が出ていることが嘘のようにも感じました。私は1年のなかで、今の時期が最も好きです。

 

さて、昨日、府立学校の臨時休業期間が、10日(日)まで延長される旨、連絡がありました。GWの期間中に緊急事態宣言の継続または解除などが示されるため、混乱のないようにということです。

11日(月)以降については、国の動向を鑑み、決定するとのことで、7日(木)以降の直前の連絡になるようです。(あくまでも現時点での予定で、早くなるかもしれませんが。)

 

また、複数の自治体で臨時休業期間のGW後の延長が発表されるなか、休業長期化の対応策のひとつとして、9月入学制への移行を要望する声があがっているとの報道もなされています。

今後の見通しが立つまで、もう少し時間がかかるようです。

 

ところで、一昨日には、高校生のスポーツの祭典である全国高等学校総合体育大会(通称、インターハイ)の中止が発表されました。3月にも多くの競技で選抜大会(全国大会)が中止となりましたが、最終学年の3年生にとって、日ごろの練習の成果を発表できる場がなくなったことは非常に残念に思います。

 

今週に入り、GWにさしかかっているのか、一段と通勤時の人の流れが減っているように感じます。

感染者数の減少傾向があらわれてきた今、油断することなく、適切な行動をとっていかなければなりません。

 

生徒のみなさん、今日も感染予防に留意し、時間を有効に使い、できることに取り組んでいきましょう。

 

 

 

2020年4月27日(月)

 

新しい週が始まりました。ここ数日続いていました強い風もおさまり、穏やかな週明けとなりました。

皆さん、健康面で変わりはありませんでしょうか?

緊急事態宣言から一定の期間が過ぎ、大阪府の日々の感染者数も減少傾向が出てきたようにも感じています。しかしながら、外出自粛を実施しているなかでの減少傾向であり、予断を許さない状況であることに変わりはありません。

引き続き、慎重な行動が求められます。

 

さて、私たちも生徒の皆さん、保護者の皆様も、大きな関心事として、学校の休業期間が延長されるのかどうかがあります。判断は非常に難しいとは思いますが、今週の1日でも早い時期に府の方向性が示されることを願っています。

 

この間、本校から数回にわたり、メルマガを通して、情報発信や生徒の皆さんの体調の把握、問い合わせなど行っています。そのなかで、学校に置いている教科書等を取りに行きたいとの要望があります。課題に取り組むうえで必要だということですが、本校としましては、現時点では、生徒の皆さんの安全を最優先と考え、登校することについて許可しないようにしています。授業再開に向け、学校から出された課題以外でも、取り組む材料(府教育センターや文部科学省が提供など)はあると思いますので、できることに取り組んでおいてください。

 

4月も本日を含め、残り4日となりました。

まだまだ、見通しが立たない日が続きますが、生活リズムを整えながら、今、できることに取り組み、1日日を大切に、今週も頑張っていきましょう。

 

 

 

2020年4月24日(金)

 

本日も昨日と同じような天候で、少し寒い日となりました。

明日からは、気温も上がるということで、少しほっとしています。

この土日も不要不急の外出を控え、人との接触を減らす行動を意識しなければなりません。

 

さて、日本赤十字社が公開している「ウイルスの次にやってくるもの」という動画が、SNSで反響が広がっているとのことです。

 

動画は、ウイルスへの恐怖が広がり、人と人とが互いに傷つけあう状況を描いて、「そのような恐怖は、ウイルスよりも恐ろしいかもしれない」と警鐘を鳴らしています。

 

しかし、動画の終わりでは、「恐怖は誰の心の中にもいる。だから励ましあおう。応援しあおう。人は団結すれば、恐怖よりも強く、賢い。恐怖に振り回されずに、正しく知り、正しく恐れて、今日、わたしたちにできることを、それぞれの場所で」と締めくくっています。

 

不安な気持ちや、暗い気持ちが少し楽になるような内容であると感じました。

 

生徒の皆さんにも機会があれば、見てほしいと思いました。

 

 

 

2020年4月23日(木)

 

本日も季節が少し戻ったような天候となりました。

 

昨晩、吉村知事が、新型コロナウイルス感染症の収束を前提に、府立学校において、夏休みを短縮するなどし、授業の時間を確保する意向や、来月7日に学校を再開させるのか、感染者の数の推移を見て、最終判断することを示しました。具体的なことは、これから徐々に出てくるとは思いますが、全く見通しが立たないような状況から、ほんの少し前が見えたような気持ちになりました。

 

さて、本日、職員会議を実施しました。

3密を防ぐために、マスク着用、ソーシャルディスタンス、部屋の換気など感染予防対策を行いながら、今後のことなどについて確認しました。まだまだ、不確定要素が多いのですが、先生方も生徒の皆さんの状況を心配する様子が伺えました。

 

また、昨日、本校HPに、府教育庁からスクールカウンセラーによるメッセージを掲載しました。

そのなかに、「一日も早く皆さんが学校に登校できる日が来ることを願っています。悩みや不安ごとがあれば、学校に相談してくださいね。」とありましたが、生徒の皆さん、何かあれば、いつでも連絡してください。

 

最後に、本日、有志の先生方による生徒の皆さんへの応援ソングが掲載されました。

私も元気が出ました。皆さんも、ぜひ見てください。

 

 

 

2020年4月22日(水)

 

ここ数日は暖かい日が続いたのですが、本日から気温があまり上がらない日が少し続くようです。

感染症予防に加え、風邪などひかないよう、より体調管理に気をつけましょう。

 

最近、ニュースや新聞の内容が、新型コロナウイルス感染症に係ることが大半で、日々、良いニュースを探すのですが、なかなか見つけることができません。気がつけば、この校長だよりも同じような内容となっています。

 

そんななか、今朝、NHKのニュースを見ていると、山梨県の韮崎市において、地元のラジオ局と協力し、市内全ての小学校で先生がラジオを通してこの春新1年生になる児童にメッセージを送ったことについて報道されていました。

 

入学式を心待ちにする先生や児童の思いがつまった言葉が紹介され、胸が熱くなったのは、ラジオから流れる先生の声を真剣に聴いている子どものなんとも言えない嬉しそうな表情を見たときでした。新たに始まる学校生活にあらためて大きな希望を抱いている様子と、臨時休業中にどんな思いで家にいるのかなど、いろんなことを考えました。

 

早く学校が始まれ、と強く思いました。

 

 

 

2020年4月21日(火)

 

風の強い1日です。

 

今朝、通勤時にバスの車窓から、公園でバスケットボールのドリブルを練習している高校生を見ました。

たった1人で黙々と、いろいろなバリエーションのドリブルからシュートを打つ(と言ってもバスケットリングは無いのですが、)姿を見て、1日も早く、学校が再開し、部活動を行うことができれば良いのにと願いました。

 

部活動だけでなく、それぞれの目標に全力で向かっていく子どもたちの活動の場が制限され、大会など、その発表の場が中止となっている現状は、本当に胸が痛みます。

本校の生徒のみなさんも、限られた環境のなか、歯がゆい思いでいる人もいることと思いますが、できることを頑張ってほしいと思います。今は自分のため、周りの人のため、日本国内の感染拡大防止のため、適切な行動をとりましょう。

 

さて、私事ですが、花粉症(ヒノキ)がようやく落ち着いてきました。

例年、3月~4月頃は、花粉症対策で外出時にマスクを着用していますが、今年は、感染予防でマスクの着用が続きそうです。そこで、ふと、今後、気温が上昇し、梅雨時期には湿度の高いなか、大人のみならず、子どもたちにとって、マスクの着用は、かなりの負担になるのではと思いました。

 

今は、さほど気にならない気候ですが、今後、学校生活が再開した後のことを考えると、少し心配になりました。

 

 

 

2020年4月20日(月)

 

1週間の始まりです。気持ち新たに、頑張っていきましょう!

朝からの雨も少し落ち着き、時折、日差しもみえるようになってきました。

今週末も全国的に感染拡大防止に向けた取組みが行われるなか、生徒のみなさん・保護者の皆様も不要不急の外出を控え、屋内で過ごした時間が多かったことと思います。

 

連絡や課題は無事届きましたでしょうか?

早く学校が再開してほしいという気持ちがより強くなったのではないでしょうか?

 

毎日の計画は立てましたか?

計画はゴールまでの大雑把なものではなく、ゴールを見据えて、細分化していくことが大切です。

1日で取り組む内容・量を具体化し、着実に進みましょう。

 

さて、感染予防対策のひとつとして、今、人との接触を8割減らしましょうと言われています。

不要不急の外出を控えることは、そのひとつですが、「ソーシャルディスタンス」も今、注目されています。

一人ひとりが実行できる行動として、人との距離をお互いに手を伸ばしたら届く程度(2メートルが目安)にとることで、人と接するときは気をつけていきましょう。

 

休業期間も長くなってきました。

気持ちをうまくコントロールし、ストレスをためないように、リラックスできることも見つけて、乗り切っていきましょう。

 

 

 

2020年4月17日(金)

 

週末になりました。天気は下り坂で、明日はどうやら雨の予報です。

臨時休業が続く生徒の皆さんは、曜日感覚が鈍くなってきているのではないかもしれませんね。

 

さて、新型コロナウィルス感染症に係る「緊急事態宣言」発令時における感染拡大防止対策の一環として、一昨日(15日)から当面の間、教職員のテレワーク(在宅勤務)が認められることになりました。

 

早ければ、本日にも課題等がご家庭に届くと思いますが、学校には週休日・休日以外の8時30分~17時00分まで、複数の教職員が勤務する態勢はとっていますが、担任、教科担当者あるいはその他担当者に問い合わせをいただいた際、当該の教職員が不在の場合もあります。その場合は、連絡までに少し時間をいただくことがあるかもしれませんが、ご理解いただくようお願いいたします。

 

本日、PTAの新旧役員会の予定をしておりましたが、休業期間のため、現役員の方々による会計監査を実施しました。

また、冠友会の会計監査も行いました。

赴任してから、初めて保護者や役員の方々にお会いし、お話しさせていただきました。本校の学校運営にもご理解いただいている様子で安心するとともに、引き続きのサポートをお願いしました。

 

昨日には、「緊急事態宣言」の対象が全国となり、学校の教育活動再開時がいつになるのかなど、不安は尽きませんが、

ご家庭と連携し、生徒たちの感染予防等、安全確保に取り組んでいくため、今後とも、よろしくお願いいたします。

 

 

 

2020年4月16日(木)

 

今日は、徐々に気温も上がり、過ごしやすい気候となっています。

休業期間が続くなか、4月も半分が終了し、折り返しとなりました。

生徒の皆さんは、何をして過ごしていますか?

なかなか難しいとは思いますが、今日もメリハリのある生活を心がけてください。

 

先ほど、皆さんへの郵送物の集荷に、郵便局員さんが来てくれました。

早ければ、明日にも各学年からの連絡、課題が届くこととなります。楽しみに待っていてください。

 

さて、2、3年生の皆さんは、日ごろから意識していることと思いますが、新入生の皆さんに、紹介する機会がなかなか無いので、今日はあらためて、本校のスクールモットー、

“Find a way or Make one! ” 「見つけよう つくりだそう 明日への道」

について、考えてほしいと思い、書きました。

 

思うように行動できない今だからこそ、自分が与えられた環境のなかで、皆さんの夢や希望につながる明日への道を見つけ出し、あせらず、自分のペースで、できることを見つけ、積み重ねていってほしいと思います。

 

「物事を前向きにとらえて」と言うのは簡単ですが、実行することは難しいです。

 私たち大人でも容易にできることではありませんが、みんなで頑張っていきましょう!

 

※昨日、吉村大阪府知事が、子どもたちに図書カード(QRコード用紙 2,000円分)を配付するという報道がありましたが、今月中をめどに各校に送付するよう調整しているとの情報がありました。

 

 

 

2020年4月15日(水)

 

気が付けば、桜の花も散り始め、葉桜となり、新緑の季節へと向かっています。

良い季節が近づくなか、今朝、ゴールデンウイーク中の新幹線の予約状況が昨年度の10%程度にとどまっており、当初予定していた臨時列車も運休するという報道がありました。

感染拡大防止と経済や国民生活への影響を最小限にすることの難しさをあらためて感じました。多くの職種で生活に関わる影響が出ています。生徒の皆さんを取りまく環境の変化についても、少し心配になりました。

 

通勤時には、自宅最寄りのバス停に、今後の状況によっては、ダイヤ変更もあるとの掲示がありました。また、今日の出勤時は、昨日より乗客が減り、日ごとに、人との接触を少なくする取組みが浸透してきているようにも感じました。

この皆さんの行動が、少しでも早く、収束という結果につながることを祈ります。

 

さて、生徒のみなさんも、このような状況のなか、毎日、いろいろなことを考え、感じていることと思います。

ニュースをみて、初めて知ること、あらためてわかること、疑問に思うこと、多くの「気付き」があると思います。

社会で起きているいろいろなことに関心を持ち、この状況を改善するためにどうしたら良いのかなどと考えることは、大いに勉強になると思います。

あなたが、安倍総理大臣だったらどんな政策を行いますか?

 

そんなことも、一度、考えてみてください。

 

 

 

2020年4月14日(火)

 

昨日からの冷たい雨も上がり、風は強いものの穏やかな良い天気となりました。

昨日、大阪府が商業施設などへの休業要請を行ったことが影響しているのか、今朝の通勤時間帯は、少し人が減っているように感じました。

 

生徒の皆さん、こんにちは。今日はどのように過ごしていますか?

日の生活リズムを大切にし、時間を上手く使えていますか?

昨年度末から続く学校休業期間、計画的に行っていることなどはありますか?

 

日常の学校生活が無い今、生徒の皆さんには、十分な時間があることと思います。

この期間に、時間を上手く使う習慣をつけることを心がけてみてください。

また、日ごろ、時間が足りなく、取りかかりたくても出来ないことにもチャレンジしてみてください。

 

学校では、今日も先生方が、生徒の皆さんに送付する連絡、課題の準備をしています。

 

このたびの課題が届く機会を、1日の生活リズムを整える、良いきっかけとしてくれればと思います。

 

 

 

2020年4月13日(月)

 

先週末から気温が下がり、本日は、雨模様の少し寒い週明けとなりました。

国の「緊急事態宣言」後も、大阪府をはじめ、全国的に感染者数が増加傾向にあり、生徒の皆さん、保護者の皆様の不安も続いていることと思います。引き続き、自身の健康観察や感染予防について、できることをしっかりと行っていきましょう。

 

さて、本日、本校HPのお知らせの欄にも掲載いたしましたが、学校徴収金についてご依頼させていただきました。

明日以降、あらためて郵送にてご案内いたしますので、ご確認後、速やかに手続きいただくようお願いいたします。

 

また、今週中に、各学年からの連絡と課題も届きます。生徒の皆さんは、課題に計画的に取り組み、授業再開後に向けて、準備を進めてください。

 

自宅で多くの時間を過ごすことが続いていますが、毎日、少しでも、可能な範囲で、ストレッチなど、身体を動かすことを勧めます。身体でけでなく、きっと、心のリフレッシュにもつながります。

 

 

 

2020年4月10日(金)

 

大冠高校に関わる皆様、こんにちは。

この4月から校長として赴任いたしました田尻誠です。

微力ながら、大冠高校の発展のために尽力してまいります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

本来なら、8日(水)に予定していました始業式、入学式で、在校生や新入生の皆さんの顔を見ながら、着任のあいさつやお祝いの言葉を伝えたかったのですが、臨時休業が延長となり、残念な気持ちでいっぱいです。

1日も早く、感染拡大が収束し、日常の生活が戻り、教育活動が再開することを願っています。

 

さて、生徒の皆さん、毎日をどのように過ごしていますか?

不要不急の外出を控え、感染予防に細心の注意を払うなど、きっと、不安な気持ちでいることとと思います。

新年度を迎え、新しい学年で、気持ち新たにスタートをというタイミングでの臨時休業は、さぞかし辛い思いでしょう。

 

先生方も同じ思いですが、この状況のなか、皆さんに会える日を楽しみに、日々、新年度の準備をしています。

来週中には、学校から、連絡事項や課題など届くことになる予定です。楽しみに待っていてください。

 

これから、この校長だよりで、学校の様子や私の感じたことなど、積極的に発信していきたいと思います。

保護者の皆様、地域の方々に、学校を理解いただくきっかけにもなればとも思います。

 

よろしくお願いいたします。

校長だより

各種申請届出用紙

学校説明会

奨学金

PTA

同窓会

大冠について

オーストラリア国際交流研修

教職員への連絡